社会保険労務士という選択
社会保険労務士について

資格取得サイトでみつけた、社会保険労務士という資格

資格取得サイトでみつけた、社会保険労務士という資格

不景気で、正規雇用社員として就職することはとても難いし、就職しても企業が倒産したり、リストラが相次いでいたりと、生活に対する不安がとても多い今日、少しでも就職に有利になるために、収入が得られ、安定した仕事に就くためにと、資格の取得を考える人は多いですね。

テレビでも頻繁に資格取得の通信講座のコマーシャルを見かけますし、新聞の折り込み広告も目にします。

インターネットの検索サイトに「資格取得」と入力してみると、表示される情報の総件数がなんと11,000,000件だったのには驚きました。

「仕事に直結する資格を」「仕事しながら資格取得」「就職・転職に有利な資格ランキング」など興味深いサイトが並んでいます。

趣味として活かすタイプのものから、国家資格になるものまで、多くの資格がある中で、現在人気のある「社会保険労務士」に注目してみました。

社会保険労務士の資格については、国家資格であり、独立開業も目指すことが出来る点、年金・医療制度が不安視される現在の状況から注目が集まっています。

社会保険労務士の仕事とは

社会保険労務士とは、どんな仕事なのか?その定義は、社会保険労務士法に基づく国家資格者であり、仕事の内容は企業で働く人の雇用や労働条件、労働保険、社会保険についてのコンサルティングを行うというものです。

労働問題、年金問題、社会保険のエキスパートとも言われます。

働き方の形態には、独立開業するケースと、企業内で勤務するケースがありますが、どちらもその役割としては、企業の発展と、その企業で働く労働者の福祉の向上にあたるというものです。

企業経営の3要素といわれる、ヒト・モノ・カネのうちの、ヒトに関する部分で企業の発展に貢献する仕事ですね。

この仕事の魅力は何ですかという質問に対し、現役の社会保険労務士の方が、「人に貢献できる仕事であること」と答えています。

企業の業績をアップさせるためにヒトの部分にどうアプローチするのか。

社会保険労務士はの業務は大きく分けて3つあります。

社会保険労務士の最新情報

1つめは、人事・社員教育・労務管理のコンサルティングを行う業務です。